通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 媒体仕様 > メカニズム > シリアル
通信 > プロトコル > 標準・勧告 > IEEE
IEEE 1355
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:アイトリプルイー-いちさんごーごー
外語:IEEE 1355
品詞:名詞

ATMと同等の機能を、家電に応用できる価格で構築する事を目指したシリアルインターフェイス

概要

i.LINK(IEEE 1394)に比べ、トポロジーの制限が無く、またスイッチも構成できるのが特徴。

つまりバス間のブリッジが出来、ルーター構成も可能である。

各リンクの速度はIEEE 1394と同等だが、単一バスに限らないためにトータルなリンク速度では優る。元々は英Inmos社のトランスピュータ向けに開発したものが、1995(平成7)年にIEEEに承認された。

リンク
関連する用語
IEEE 1394
i.LINK
ネットワークトポロジー
IEEE
ATM

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic