通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP > IP
IP over ISDN
辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:アイピー-オーヴァー-アイエスディーエン
外語:IP over ISDN
品詞:名詞

TCP/IPネットワークをISDN回線上に実装する技術。上下逆の「ISDN over IP」や、ISDN回線を用いたダイアルアップ接続(PPP over ISDN)とは異なる。

概要

宅内のTAから電話局まではISDN回線を利用し、NTTの交換機に繋がる前に取りつけられたアダプターからインターネットへ常時接続する技術。

ISDNは64kbpsのBチャンネルが2チャンネルあり計128kbpsの帯域があり、これを通信回線として用いる。

例えば、音声通話用に8kbps、ファクシミリ用に14.4kbpsを確保し、残りの帯域を常時接続用として用いることなどが可能である。

当時としては非常に低価格で常時接続を実現できたため、対抗上NTTが市内定額制を言い出す羽目になった。

リンク
用語の所属
ISDN
関連する用語
TA

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic