通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP > IP > IPv6
IPng
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:アイピーエンジー
外語:IPng: IP The Next Generation
品詞:名詞

次世代のIPのこと。IPv4は、誕生時点では充分と思われていながら、実は誕生時点から既にIPアドレスは枯渇しており、1990年代に入るとそれは決定的なものとなっていた。

そこでこれを解決する新たなプロトコル策定が議論され、その際の名前(仮称)が次世代のIPという意味のIPngである。

これは、現在のIPv6に相当する。

目次
歴史
初期

1993(平成5)年9月に次世代プロトコルを検討するための作業部会である「IPng-WG」がIETF内に発足した。

ここでまずホワイトペーパー(RFC 1550)を作成し、インターネットコミュニティーに次世代IPのための選定基準を求めた。そして翌年、IPng選定のための技術基準(RFC 1726)としてまとめられた。

原則

RFC 1726におけるIPngの基本的な原則は、次の5点である。

  1. 簡単な構造であること
  2. 一つのプロトコルであらゆる上位プロトコルに対応すること
  3. 長寿命(およそ20年程度)であること
  4. 発展性があること
  5. 統制されない協調性

この原則に沿い、幾つか提案された候補から最終的に三つの候補、TUBACATNIPSIPPが選出された。

選出

この候補中、真っ先に脱落したのはCATNIPである。

その後はTUBAの可変長アドレスか、SIPPの固定長アドレスかの議論が続き、固定長の方が処理しやすいという結論に至る。

最終的にIPngは、SIPPをベースに、TUBAの利点を取り入れるがIPとしての基本的な姿勢を変えない、という結論をIPng案とし、評価結果と共に1995(平成7)年1月にRFC 1752として公開された。

IPv6

またこのRFCに先立ち、前年の第30回IETFミーティングにおいて、IPngにはSIPPの128ビット長アドレス版であるSIPP-16の採用が決定され、同時にIPv6と命名された。

この後、作業部会もIPv6-WGに名を改め、IPv6の設計などに取り掛かることになる。

リンク
関連する用語
TUBA
CATNIP
SIPP

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic