通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > 信号・技術
ISDB
辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:アイエスディービー
外語:ISDB: Integrated Services Digital Broadcasting
品詞:名詞

日本国で開発された地上デジタルテレビジョン放送の規格。統合ディジタル放送サービス。

目次
概要

NHKが中心となって開発され、日本で採用されているほか、海外でもブラジルから始まり中南米で主に採用されている。

テレビ、ラジオ、情報すべてを統合して扱うことができる。

特徴
分類

次のように分類される。

仕様

日本方式

日本のものは、2012(平成24)年から本格運用というにも関わらず、既に時代遅れだったMPEG-2が符号に採用された。


ブラジル方式

日本の働きかけによりブラジルもISDB-Tを採用した。しかしMPEG-2は既に時代遅れであるため、ブラジルが採用するにあたっては、これをMPEG-4に変更した。

この仕様は、ブラジル・ポルトガル語でSBTVD(Sistema Brasileiro de Televisa~o Digital)とも呼ばれている。

詳細は定かではないが、BMLなどという珍奇な仕様も採用せず、Nested Context Language(NCL)やJavaアプリケーション等に対応する、ミドルウェア「Ginga」(銀河)を採用したとしている。

補足
採用国

ISDB採用国は次の通り(採用順)。

試験中の国
採用予定の国
リンク
用語の所属
テレビ
地上デジタルテレビジョン放送
関連する用語
ディジタルテレビ
ディジタルラジオ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic