通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > ルーター用 > ルーティングプロトコル
MPLS
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:エムピーエルエス
外語:MPLS: Multiprotocol Label Switching
品詞:名詞

転送パケットに「ラベル」と呼ばれる短い固定長の識別標識を付けることで、目的の宛先まで効率的に転送するプロトコル。IP-VPNなどで使われている。

目次
概要

転送パケットに、IPヘッダーTCPヘッダーなどを解釈して得られる経路やQoS(サービス品質)に関する情報を短い固定長のラベルとして追加する。

これにより、IPヘッダーなどを見る必要がなくなり、複数のルーター間を経由する時の無駄なヘッダー解釈を省略することができる。

現在のルーターを利用したネットワーク構成を踏襲しつつ、高速化/広帯域化/QoSを実現する。

特徴

例えば、ホストA→ルーターB→ルーターC→ルーターD→ルーターE→ホストF という経路のネットワークで通信する場合を想定する。

通常ではB、C、D、Eの各ルーターでそれぞれIPヘッダーを解釈してルーティングすることになり、またレイヤー3レイヤー4での制御が必要な場合は更にTCPやUDPヘッダーの展開まで行なわれてしまうため、ネットワーク遅延の原因となっていた。

MPLSでは、ルーターBで解釈した時点でその結果を「ラベル」と呼ばれる固定長情報に符号化してパケットに付加し、以降の各ルーターではラベルだけを参照することで処理可能にする。なお、ラベルは最終目的地であるホストFへの転送を行なうルーターEで取り除かれ、普通のIPパケットに戻される。

これに対応したルーターはLSR(Label Switching Router)と呼ばれる。

技術

IPパケットの立場で見ると、一旦LSRを通ってラベルを付けられたパケットは、そのIPヘッダーに関わらず決ったルーターへと転送されることになるので、双方のネットワーク間のトンネルに見える。

このトンネルのことをLSP(Label Switched Path)と言い、LSPの設定、解放に関するLSR間の制御プロトコルをLDP(Label Distribution Protocol)という。

リンク
用語の所属
ルーティング
トンネリング
関連する用語
GMPLS
MPLS-VPN
LSR
LSP
LDP

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic