通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 上位層 > メディア
MTP (Media Transfer Protocol)
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:エムティーピー
外語:MTP: Media Transfer Protocol
品詞:名詞

画像転送プロトコルであるPTPを拡張し、映像や音響の転送を可能としたもの。メディア転送プロトコル、メディア・トランスファー・プロトコル。

目次
概要

MicrosoftがWindows Mediaフレームワークの機能として開発し、その仕様を公開した。

MTPは、ISO 15740として標準化されているPTPの拡張仕様となっている。

Windows XPではWindows Media Player 10以降をインストールすれば利用でき、Windows Vista以降は標準で搭載されている。

特徴

USBでも、デバイスクラスの一つとして仕様が採用されている。

従来からあるUSBのマス ストレージ クラスの場合はFATのブロックサイズごとにしか転送できないのに対して、MTPはファイルごとに転送可能であり、純粋なファイル転送向きの仕様である。

通信プロトコル自体はファイルシステムに依存しないことになり、実際にファイルシステムとして管理するのはデバイス自体である。

MTP登場後、Windows等でのデバイスドライバー作成の手間が省けることから、徐々に対応機器が増えた。Windows以外でも、Mac OS Xなどが対応し、Linuxにも対応ライブラリがあり、そしてAndroidもAndroid 3.1(APIレベル12)以降で対応している。

リンク
関連する用語
USB (バス)
通信プロトコル
デバイスクラス
PTP (Picture Transfer Protocol)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic