通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層
Magic Packet
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:マジックパケット
外語:Magic Packet
品詞:名詞

Wake On LAN(Wake on Magic Packet)に対応したマシンの電源を入れるためのパケットのこと。

目次
Magic Packetの技術
データ構造

Ethernetフレーム上に、特定のフォーマットで構成されたデータ列を送信することで実現する。

データは計102オクテットである。同期化ストリームである0xFFを6オクテットを置き、続いて送信先のノードMACアドレス6オクテット×16回、という構成になる。

このデータを含む下位のプロトコルは問わないが、プロトコルの仕様に矛盾しない形で送信することは最低条件となる。

AMDの提供するツールの場合、UDPで送信している。

UDP/IPの場合

例えばUDP/IPを用いる場合、ブロードキャストで送信される。AMDの提供するツールを例とする。

Ethernetフレームの宛先MACアドレスはFF:FF:FF:FF:FF:FF、中位層では宛先IPアドレスは255.255.255.255、2304/udp宛である。

そして、UDPデータ領域に102バイトのデータを格納する。

リンク
関連する用語
Wake On LAN
Wake on Magic Packet

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic