通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > NetWare
NLSP
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:エンエルエスピー
外語:NLSP: NetWare Link State Protocol
品詞:名詞

NetWareRIPに代わるルーティングプロトコル。NetWare 4.0から導入された。一般にIPXの上で動作し、IPXのパケットタイプは0である。

概要

大規模ネットワークを構築する際のRIPの制約を解消することを目的としている。

ネットワークの大きさの制限がない。また、構成(ネットワークトポロジー)変化時のルーティングテーブル送信は変化部分のみを送信するなどで帯域圧迫の軽減を図っているほか、更新パケットに対する応答が即座に行なわれることで収束時間が短縮されているなどの特徴を持つ。

このため障害時の迂回経路設定も迅速に行なわれ、ネットワークの可用性が向上する。

なお、NLSPとRIPは共存可能となっている。

リンク
用語の所属
ルーティングプロトコル
NetWare
関連する用語
RIP (IPX)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic