通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > NetWare
IPX
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:アイピーエックス
外語:IPX: Internet Packet eXchange
品詞:名詞

NetWareネットワーク層(第3層)プロトコル。

目次
概要

IEEE 802.3標準Ethernet上で動作する。NovellがXerox Network Standard(XNS)を参考に開発したとされる。

IPXの上でいくつかのトランスポート層(第4層)プロトコルが動作するが、中でもSPXが目立って使われたため、IPX/SPXとまとめて呼ばれることも多かった。

技術
IPXヘッダー

IPXのパケットは、30オクテットのIPXヘッダーと、0バイト以上で最大65505バイト(ヘッダー込みで65535バイトまで)のデータ部からなる。

なお、初期のNetWareではルートされるIPXパケットの最大長は576オクテット(IPXヘッダーとデータ長の合計)であった。

パケットタイプ

IPXパケットは、1オクテットのパケットタイプフィールドによって、上位のパケットを識別する。

ソケット番号

IPXパケットの最終的な宛先を示す16ビットの番号で、送信元・宛先が各々ある。

0x4000から0x7FFFは動的ソケットである。

0x8000から0xFFFFはNovellによって使用するプロセスが割り当てられる番号である。

リンク
用語の所属
通信プロトコル
NetWare
関連する用語
IPXヘッダー
IPX/SPX
TCP/IP
NetBEUI

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic