通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > 物理層(信号・符号) > 伝送符号(下位)
PAM
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順物理層編 (CPPMD)
読み:パム
外語:PAM: Pulse Amplitude Modulation
品詞:名詞

パルス振幅変調。パルスの振幅の違いを使って変調する方式。

概要

例えば、PAM5と呼ばれる方式では、3レベルだったMLT-3の信号レベルを5レベルにしたものを使う。

100BASE-T2ではPAM5×5と呼ばれる方法を使っていて、PAM5を2回線束ね、5×5で同時に25シンボルを使い4ビットを伝送する。この方法では一度に4ビット、つまり4倍速で伝送できるので、理論上、動作クロックは1/4で済み、あまり高級でない(高周波特性の悪い)ケーブル(カテゴリー3など)でも利用可能というメリットがある。

リンク
用語の所属
変調
関連する用語
100BASE-T2
MLT-3
PWM
8B/1Q4

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic