通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 団体・事業者 > 回線・ネットワーク組織
Ring Server Project
辞書:通信用語の基礎知識 通信団体編 (CYORG)
読み:リングサーバープロジェクト
外語:Ring Server Project
品詞:名詞

インターネットなどの高速ネットワーク環境を対象として、大規模なソフトウェアライブラリとソフトウェアの分散共同開発を支援する共通基盤技術の研究開発及び運用をするプロジェクト。

目次
概要

ベースサーバーと、この内容のコピーを持つミラーサーバーによって構成されている。

実際にダウンロードを希望するユーザーが接続するのは、各ミラーサーバーである。

特徴
構造

ベースサーバーはマスターサーバーとバックアップサーバーからなり、バックアップサーバーは、マスターサーバーがダウンしたときに代わりを務めるサーバーである。国内外のライブラリサーバーに直接アクセスし、ファイルを取得する。

ミラーサーバーは、プロジェクトに参加している機関や個人(?)が管理、運用しているサーバーで、ベースサーバーの一部または全部のコピーを持っている。

人気

かつては、ベクターが持っているソフトウェアライブラリなどもRing Serverからダウンロードできたが、現在はサービスを終了している。これを著している時点では、窓の杜のライブラリをミラーしているようである。

かつては、よく使われて、名前もよく聞かれたが、最近はあまり名前も聞かれなくなってきた。今後の奮起が期待される。

前田家

ミラーサーバーは、通信に関わり深い幾つかの省庁、大学、大手のプロバイダーなどが、入れ替わり立ち替わりで参加している/いた。

その中で際立っていたのが、アサヒネットの自宅鯖?でミラーしていた、謎の「前田家のサーバ」(maeda.ring.gr.jp)である。

その正体は未だ定かではないが、Ringが高名の頃は誰しもが個人でのRing参加に憧れ、前田氏は憧れの的でもあったようである。

しかし謎の「前田家のサーバ」は、2009(平成21)年3月27日をもってサービスが終了された。

リンク
関連するリンク
http://www.ring.gr.jp/
関連する用語
インターネット
ネットワーク
ソフトウェア

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic