通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > セキュリティ > 攻撃 > ポートスキャン
TCPクリスマスツリースキャン
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:ティースィーピー-クリスマスツリースキャン
外語:TCP christmas tree scanning
品詞:名詞

ステルススキャンの一つ。FINURGPSHの三種類のフラグが立ったパケットを送信するもの。

目次
概要

フラグの内容に矛盾があるためそのTCPパケットを処理することはできず、したがってそのパケットを処理することは出来ない。

このため、そのポートでサービスが提供されている場合には、送信ホストには何も帰ってこない。

一方、そのポートでサービスが提供されていない場合はRSTパケットが帰る。

この応答を見てポートが開いているかどうかを判断する。

特徴

当初は全てのフラグ(URGACKPSHRSTSYNFIN)を立てていた。このすべてのフラグが立っている様子がクリスマスツリーの飾りつけを想像させたことがTCPクリスマスツリースキャンの語源となっている。

但し、実際には先に述べた三種類のフラグが立っていれば十分である。

なお、相手がMicrosoft Windowsホストの場合、RSTパケットさえも帰って来ないため、このポートスキャンは有効でない。代わりにWindowsホストであることが分かる。

リンク
用語の所属
ポートスキャン
関連する用語
TCP/IP
TCPヘッダー
TCP NULLスキャン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic