通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 符号 > 文字 > 符号 > 文字集合(CCS)
Unicode 3.2.0
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字集合編 (CTCHRS)
読み:ユニコード-さんてんにてんゼロ
外語:Unicode 3.2.0
品詞:固有名詞

Unicodeの版の一つで、Unicode 3.1に対する改訂版である。

目次
概要

フィリピンの民族語用の文字などが追加された。

またCJK互換漢字の拡張により、この版から、JIS X 0213:2000に正式対応した。

異体字セレクター1〜16が追加された。

沿革
特徴
対応ISO/IEC 10646

Unicode 3.2.0で採用されたのは、次の追補である。

対応言語

追加された文字から推定される新規対応言語は、以下の通りである。併記はISO 639-1、ISO 639-2またはISO 639-3の言語コード。

バイバイン(タガログ文字)は既に使われていない文字だが、BMPに収録された。

新規対応

この版で、次に新規対応した。

追加文字

3.2から追加された文字は、次の通り(文字コード順)。

リンク
用語の所属
文字コード
Unicode
関連する用語
CJK統合漢字
基本多言語面
Unicode 3.1

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic