通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > モデム > ファイル送信
XMODEM 1024/CRC
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:エックスモデム-せんにじゅうよん-スィーアースィー
外語:XMODEM 1024/CRC
品詞:固有名詞

XMODEMの亜種の一つ。

目次
特徴

データ長が1024オクテットで、エラーチェックに16ビットのCRC(多項式はCRC-CCITT)を用いるもの。

データ部の長さを8倍とし、ACK待ちの回数を減らすことで高速化を目指したもの。

実装

CRC系のXMODEMでは、転送開始の際に送信されるNAKの代わりに、'C'(0x43)を送信する。これによって、通常のXMODEMと、CRC XMODEMを識別できる。

'C'に3秒以内に応答がない場合、3回まで'C'を再送する。それでも応答がない場合、相手は通常のXMODEMにしか対応していないと判断し、NAKを送信して通常のXMODEMで通信する。

CRCは16ビットつまり2オクテットあるが、上位オクテット、下位オクテットの順に送る。つまりビッグエンディアン(ネットワークバイトオーダー)である。

また、データサイズを128オクテットと1024オクテットで識別可能なように、XMODEM 1024/CRCではブロックについて、ブロック開始の合図のSOHの代わりにSTX(0/2、0x02)を使用する。これはブロックごとに選択可能で、必要に応じて128または1024オクテットが選べる。

なお、終了の合図はEOTで通常と同様である。

リンク
用語の所属
バイナリ転送プロトコル
関連する用語
XMODEM
CRC

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic