通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > 処理・処理方法 > データ > データ形式 > 整数 > 順序
ネットワークバイトオーダー
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:ネットワークバイトオーダー
外語:network byte order
品詞:名詞

インターネット等のネットワークで用いられる、複数バイトからなるデータ列のデータの並び順のこと。「N形式」ともいう。対語はホストバイトオーダー

目次
概要

インターネットで用いられるネットワークバイトオーダーは、最上位バイトが先に配置されるビッグエンディアンである。

従って、x86等で一般的なバイトオーダーのシステムは、随時エンディアンネスを変換する必要がある。

特徴

C/C++のBSDソケットプログラミングにおいては、次のような機能が用意されている。

#include <arpa/inet.h>

uint32_t htonl(uint32_t hostlong);

uint16_t htons(uint16_t hostshort);

uint32_t ntohl(uint32_t netlong);

uint16_t ntohs(uint16_t netshort);

32ビットのものはIPv4アドレス用、16ビットのものはポート番号用で、htonがホストバイトオーダーをネットワークバイトオーダーに、ntohはネットワークバイトオーダーをホストバイトオーダーに変換する関数である。

この関数を使用することで、ホストバイトオーダーがビッグエンディアンの環境であってもなくても、ソースの互換性を取ることが出来る。

リンク
用語の所属
バイトオーダー
関連する用語
ビッグエンディアン
ホストバイトオーダー

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic