通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アラマン族

辞書:文化用語の基礎知識 文化編 (LBUNKA)
読み:アラマンぞく
外語:Alamans 英語
品詞:名詞
2005/08/30 更新

ゲルマン民族のうち、ライン川・エルベ川上流域を原住地とする西ゲルマンの混成部族。

3世紀初頭にマイン川流域に移動し、中葉にはローマ領域に進出、勢力を扶植し、5世紀初頭にはアルプスからライン川中流域まで広がった。496年にフランク王グローヴィスに征服され、フランク王国下にアラマン大公領を形成、キリスト教化が進んだ。

メロヴィング朝末期に大公ラントフリートのもとで独立性が高まったが、カロリング朝に自主性を奪われフランク王国に併合された。王国が解体すると、大公のもとに統一し、ドイツ王国下にシュワーベン大公領を形成した。

関連する用語
ゲルマン民族
フランク族
キリスト教

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club