通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

和泉式部

辞書:文化用語の基礎知識 文学編 (LLITE)
読み:いずみ・しきぶ
外語:IZUMI Shikibu 英語
品詞:人名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

生没年未詳。平安中期の女流歌人。

和泉守であった橘道貞と結婚し、小式部内侍を生み、後には上東門院に仕えた。娘の小式部内侍に先立たれる。

情熱的な恋愛を歌った歌を多く詠み、女流歌人としては勅撰集に最も多く歌が採られた。

百人一首に採られている歌は「あらざらむこの世のほかの思ひ出にいまひとたびの逢ふこともがな」である。原典は後拾遺集・恋三・763である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club