通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

天之常立神

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:アメノトコタチノカミ
品詞:名
2005/10/21 作成

日本神話の神で別天神。高天原を恒久に守る神とされる。十五社神社の御祭神の一柱。

まだ大地(地球)が若くクラゲのように漂っていた時、葦の芽が萌えるように生まれ出たとされる。

系図では宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコジノカミ)の下に書かれ、宇摩志阿斯訶備比古遅神の子とされる。国狹槌尊(クニサヅチノミコト)はこの神の子である。

用語の所属
日本神話
別天神
関連する神
宇摩志阿斯訶備比古遅神
国狹槌尊

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club