通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

易行道

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教用語編 (LFOLKEBY)
読み:いぎょうどう
品詞:名詞
2005/04/06 更新

仏教浄土教を指す言葉で、易行と略される。

自力による苦しい修行(難行道)によってではなく、阿弥陀仏の力(他力)によって浄土へ往生すること。具体的には念仏による往生をいう。

竜樹の "十住毘婆沙論" では「仏教には易行道と難行道が存在し、陸の歩行(難行道)は苦しく、順風を得た海の乗船(易行道)は楽しい」と例えられている。

用語の所属
仏教
関連する用語
浄土教
難行道
修行
他力本願

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club