通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アポロ1号

辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:アポロいちごう
外語:Apollo 1 英語
品詞:固有名詞
2001/03/08 作成
2007/05/08 更新

アメリカの探査機の打ち上げ実験船。

1967(昭和42)年2月21日にNASAのSaturn 1Bロケットにより打ち上げられる予定だった。

しかし1967(昭和42)年1月27日アポロ計画初の有人宇宙飛行実施に向けた予行演習中に、アポロ司令船(コマンドモジュール)は爆発・炎上してしまったのである。

  • 搭乗員
    • Virgil Ivan "Gus" Grissom
    • Edward Higgins White Ⅱ
    • Roger Bruce Chaffee
  • 待機搭乗員
    • Walter M. Schirra, Jr
    • Donn F. Eisele
    • Walter Cunningham

原因

船内は純粋酸素で満たされていたが、船内の酸素流量が高すぎるという警告音が繰り返し鳴っていた。さらに宇宙船と外部との通信機器が不調だった。そのような状況で実験を継続中に、電線から発生した火花で引火、火災となったのである。しかも宇宙船の設計上の問題で、乗組員は短時間での脱出が不可能だった。

船内のパイロット3人は宇宙服のおかげで焼死は免れたものの、火災から4分後には窒息と一酸化炭素中毒で既に死亡していた。これはアポロ計画において、唯一の爆発事故であった。

対応

事故調査と司令船の再建の間、NASAは全有人打ち上げの延期を決定した。

また当初このミッションはApollo-Saturn 204(AS-204)とコードネームで呼ばれ、「アポロ○号」の名は付かない予定だったが、1967(昭和42)年春、このミッションにアポロ1号という名が与えられ、2号と3号は欠番となり、1967(昭和42)年11月に計画されていたミッションがアポロ4号となった。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club