通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

自己バイアス回路

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:じこバイアスかいろ
品詞:名詞
2005/05/31 作成
2014/07/29 更新

バイアス回路のうち、帰還(フィードバック)を利用したもの。

目次

固定バイアス回路と比べ、ベースのプルアップ抵抗を、VCCではなくコレクタへ接続した。これによりコレクタの出力の一部が入力であるベースに戻る。これを帰還(フィードバック)という。

自己バイアス回路
自己バイアス回路

コレクタからの出力電圧は入力と逆相になっているため、その出力の一部を入力に戻すと、変化を抑制する方向に働く。このような帰還を負帰還という。

この回路は入力インピーダンスが下がるほか、温度安定性が高く、また周波数特性がよく歪みや雑音が少ないという特徴がある。

用語の所属
バイアス回路
関連する用語
負帰還
固定バイアス回路

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club