通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

GPL汚染

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング設計編 (PTPROGE)
読み:ジーピーエルおせん
品詞:名詞
2005/01/07 作成
2013/03/28 更新

作成したソースコードの中にGPLでライセンスされたものが存在していること。GPL感染とも。

派生物

GPLは、特殊なライセンスである。

このライセンスは、法的根拠はともかく、「派生物」にも適用される点が最大の特徴である。

万一、GPLのソースが1行でも混入すると、そのソースの全てはGPLとして公開しなければならなくなる。そして一度GPLとなると、後からのライセンス変更はほぼ不可能となり、制限等の追加に大きな制約が掛かる。

感染性

これはあたかも、伝染病(それも不治の病)が広がっているかのように見える。

このため、ソースを公開しないソフトウェアを作る一般的なソフトウェアメーカーや、他のライセンス支持者からは、「感染性のライセンス」「ウイルス性のライセンス」と呼ばれる。

たとえばBSDライセンスのソースを引用し、それをGPLで配布することは可能である。その行為はBSDライセンスに抵触しない。しかし、その逆は不可能である。

GPLを謳うソフトウェアが非GPLのソースを利用していることが発覚した場合、「GPL派」は「当該箇所を指摘してくれれば削除する」などで済ます。彼らは悪びれることはない。

一方、非GPLにて「配布」ないし「頒布」されたソフトウェアがGPLのソースを利用していることが発覚した場合、GPL派はGPLに従い「全ソースの公開」を要求し、一歩も引かない。その攻撃の激しさは、過去の例からも明らかである。

この攻撃に晒された結果、過去何社も、本来なら秘密にしておきたいソースコードの公開を余儀なくされた。

関連する用語
GPL
防疫処置
GPL違反
GPLフリー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club