通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ホットポテトルーティング

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:ホット・ポテト・ルーティング
外語:Hot potato routing 英語
品詞:名詞
2004/08/18 作成
2006/11/11 更新

ISP同士が複数の接続点でピアリングしている時、ISP間の通信は送信側に近い接続点を通るようなルーティング方法。

例えばX→Yの通信において途中ISP 1とISP 2を経由するとし、その経路がA-CとB-Dの二経路があるとする。

この場合において、X→Yの通信ではISP 1からISP 2への通信はXにより近いA-Cの接続を利用し、X→A→C→D→Yと流れる

一方、その逆向きのY→XではYに近い接続点(つまりB-D)を利用し、Y→D→B→A→Xと送られる。このように、上下で違うルートを通ることがある。

簡単に言えば他ISPあての通信は、できるだけ早くそのISPに渡してしまう、というルーティング方法である。

ゆでたてのじゃがいも(ホットポテト)は手で持つと熱いので、すぐに他人に渡してしまう、ということからこの名前がついたらしい。

関連する用語
ルーティング
ISP

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club