通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

RS-422

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:アーエス・よんにーに
外語:RS-422: Recommended Standard 422 英語
品詞:名詞
2006/02/04 更新

アメリカ電子工業会(EIA)定めたシリアル転送の物理層インターフェイス仕様。

RSは推奨標準であり、厳密には規格ではない。正式な規格名は "ANSI/EIA/TIA-422-B-1994" である。

これはANSI/EIA/TIA-449という仕様の一つで、平衡での電気特性を定めた規格ANSI/EIA/TIA-422と、不平衡のANSI/EIA/TIA-423を規定している。

不平衡伝送であるRS-423RS-232Cは送受信に同じグラウンドを用いているが、平衡伝送のRS-422は別々になっている。このためRS-422はノイズに強い転送が可能。

最大で10Mbps程度まで可能で、ケーブル長は最大1.54kmまでとなっている。

信号

信号はTTLレベルで、+5V〜+3VがH、+0.4V〜0VがLとなる。

コネクター

RS-422はコネクターの規定が無いため、D-sub 15ピン・9ピン・25ピン・37ピンなど、様々なものが使われている。

15ピンと9ピン端子のピンアサイン

番号信号機能信号方向
DB15DB9
22SD+TXD+送信データDTE→DCE
44RD+RXD+受信データDTE←DCE
55DR+DSR+データセットレディDTE←DCE
71ER+DTR+端末レディDTE→DCE
83SG 信号用接地(SD/RD共通アース) 
97SD-TXD-送信データDTE→DCE
118RD-RXD-受信データDTE←DCE
129DR-DSR-データセットレディDTE←DCE
146ER-DTR-端末レディDTE→DCE
関連するリンク
ANSI
EIA
TIA
用語の所属
シリアルバスインターフェイス
平衡
RS-449
RS
関連する用語
SG
TX (1)
RX
EIA-485
RS-232C
TTLレベル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club