通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 大洋州 > 日本 > 日本神話・神道・民間信仰 > 人・神・動物 > > 天皇・皇后・皇族 > 121代〜(孝明〜今上)
美智子
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:みちこ
外語:Empress Michiko
品詞:名

上皇陛下の上皇后。

目次
資料
情報

結婚前は民間人で、元の名は正田美智子(しょうだ・みちこ)。

御略歴
住まい

東宮御所。

皇統

子は3柱おられる。

  1. 浩宮徳仁親王(なるひと) (1960(昭和35)年2月23日御誕生) → 皇太子徳仁親王 → 徳仁天皇陛下
  2. 礼宮文仁親王(ふみひと) (1965(昭和40)年11月30日御誕生) → 秋篠宮文仁親王
  3. 紀宮清子内親王(さやこ) (1969(昭和44)年4月18日御誕生) → 黒田清子
系譜

曾祖父母以前が定かでない。

美智子(父)正田英三郎
(日清製粉)
(祖父)正田貞一郎
(日清製粉株式会社社長)
(曾祖父)正田作次郎
(曾祖母)
(祖母)正田きぬ(曾祖父)正田文右衛門(5代目)
(曾祖母)
(母)正田冨美子(祖父)副島綱雄
(中支那振興株式会社常務理事)
(曾祖父)
(曾祖母)
(祖母)(曾祖父)
(曾祖母)
特徴
手話

被災地などへのお見舞いに訪問される際、よく手話で会話される姿が見られる。同様に手話をなさる皇室に秋篠宮妃紀子殿下がおられる。聾唖者にも優しく話しかけられる、美しい女性皇族のお姿である。

皇后陛下は、「戦没者の慰霊の旅」をライフワークとしてきた。障害者や戦没者という、弱者や国のために命を捧げた元日本国民と繋がることで、国の母、国母となることを目指された。

育児

皇太子殿下となられる第一子徳仁親王に対して「ナルちゃん憲法」と称する、民間人ならではの知恵を生かした教育方針を導入した。

リンク
関連するリンク
天皇皇后両陛下
用語の所属
神道
皇室
皇族
皇后
関連する神
徳仁
秋篠宮文仁親王
黒田清子
関連する用語
浩宮徳仁親王

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic