通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 大洋州 > 日本 > 日本神話・神道・民間信仰 > 人・神・動物 > > 天皇・皇后・皇族 > 121代〜(孝明〜今上)
徳仁
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:なるひと
外語:Naruhito
品詞:名

第百二十六代天皇陛下であり、これを著している現代の今上である。

目次
資料
天皇
情報

1960(昭和35)年2月23日、皇太子明仁親王殿下(当時)の第一男子として宮内庁病院で誕生された。

出生時の御体重は2,540gとされる。

御略歴
皇居

東宮御所

在位中の元号
皇統
父神

父神は明仁(上皇陛下)、母神は美智子(上皇后陛下)。

皇后

皇后は雅子(まさこ)。結婚される前は民間人で、父・小和田恆(外交官)の長女であった。

結婚の儀の日1993(平成5)年6月9日は、去る同年4月30日に制定された法律「皇太子徳仁親王の結婚の儀の行われる日を休日とする法律」(平成5年法律第32号)により休日となった。

皇子

皇子は一柱おられる。

  1. 敬宮愛子内親王(あいこ) (2001(平成13)年12月1日御誕生)

皇子に皇位継承権を有するものがなく、退位後は弟である秋篠宮家に皇位が継承される見込みである。

系譜
徳仁親王(父)上皇(祖父)昭和天皇(曾祖父)大正天皇
(曾祖母)九条節子(良子女王)
(祖母)香淳皇后(良子女王)(曾祖父)久邇宮邦彦王
(曾祖母)島津俔子
(母)上皇后美智子(祖父)正田英三郎(曾祖父)正田貞一郎
(曾祖母)正田きぬ
(祖母)正田富美子(曾祖父)副島綱雄
(曾祖母)副島あや
特徴
ナルちゃん憲法

母の美智子皇后陛下は、元民間人であった。これだけでも前例の無いことだったが、それまでの皇室での伝統や習慣のいくつかを、徳仁親王の誕生より「正田家の教育方針」に改めている。

この教育方針を記したメモを、徳仁親王の名から「ナルちゃん憲法」という。極めて画期的な出来事だった。

従来、皇族は皇居宮殿にて子を産むのが一般的だったが、皇后は宮内庁病院で民間人と同様に出産された。また乳人と呼ばれる制度を廃止し、自ら授乳や育児に当たっている。

ナルちゃん憲法の内容については、各社より何冊か、育児教書として出版され説明されている。

柏原芳恵

皇太子殿下は歌手・柏原芳恵(かしわばら・よしえ)の大ファンだった。

イギリス留学中は部屋に柏原芳恵のポスターが貼られていたとされ、日本に戻ってからはコンサートにも出かけて話題となった。

この時殿下は、柏原芳恵に薔薇の花を一輪贈ったが、この薔薇は東宮御所に咲いていた、エリザベス女王が紀宮清子内親王殿下(現、黒田清子様)に贈った特別品種の薔薇だった。芳恵はお礼にサイン入り写真集(もちろん水着あり)を贈ったとされる。

皇太子殿下をも虜にした柏原芳恵。今でも殿下がファンであるかは不明である。

リンク
関連するリンク
天皇皇后両陛下 - 宮内庁
用語の所属
神道
皇室
皇族
皇太子
関連する神
明仁
雅子
敬宮愛子内親王
関連する用語
浩宮徳仁親王

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic