通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 音響機材 > 電子計算機関連
PC-9801-118
辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:ピースィーきゅーはちまるいち-いちいちはち
外語:PC-9801-118
品詞:商品名

NECのPC-9800シリーズ用拡張ボードの一つで、FM音源。純正のCバス用音源ボードとしては最後の製品である。

目次
概要

Microsoft Windows 95にあわせ、Windows上でのマルチメディア機能を実現するために作られた製品である。

CanBeシリーズに内蔵されていた音源がベースになっている。

PC-9801-86の上位互換だが、MS-DOSでの利用はサポート外となっていた。

特徴
互換

音源は、YMF297(YMF297-F)を採用した。チップには「OPL」とシルク印刷されている。

この音源は単なるOPLではなく、OPLとOPNAを融合した製品で、OPL部分はSound Blasterで使われているYMF262-M(OPL3)、OPNA部分はYMF288(OPN3-L)という、CanBeシリーズでも採用されたOPNAの廉価版である。

このため、PC-9801-118に実際に搭載されるのはYMF288ではないのだが、YMF288と同等に扱うことができたので、PC-9801-118の音源チップはYMF288であるという記述も当時は一般的であった。

OPL

Sound Blaster互換のOPLを搭載したのは、Windows上でGM互換のMIDI機能を実現するためであった。

PCM

PCMは、PC-9801-86と非互換で、Crystal Semiconductor製のWindows Sound System(WSS)互換PCM音源チップが搭載された。

PCM音源については非互換となり、MS-DOSで使う場合でも、従来のソフトウェアは動作しない。

ADPCM

PC-9801-86でも標準ではOPNAは利用できなかったが、この製品では正式に利用できない。

搭載されているFM音源チップから、ADPCM機能が削除されているためである。

リンク
用語の所属
FM音源
OPNA
関連する用語
PC-9801-86
PC-9800シリーズ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic