通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 地方道・私道 > 関東地方 > 東京 > 区道 > 千代田区
アキバ田代通り
辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・関東東京編 (EWLTM)
読み:あきば-たしろ-どおり
外語:AKIBATASHIRO-DORI
品詞:名詞

千代田区の商店街、秋葉原にある千代田区道の一つ。中央通りの一本東側を通っている。

目次
道路の情報

起点・終点
設計諸元
規制等
法定路線名
道路の状況

通り自体はかなり以前からあり、再開発前は駐車場、駐輪場として愛用されていた。現在UDXなどがある東側は壁になっていたからである。

その後、再開発により「区画道路3号」と名が付き、東京タイムズタワー、秋葉原UDX前の通りとなっている。

起点側

「アキバ田代通り」としての起点は定かではないが、この道路は区道であり、特別区道千第691号は神田明神通りを起点に北上するように設定されている。

この道路は終点側から起点側への一方通行となっているため、起点から侵入することができない。

途中

昔は通路だけで歩道など存在しなかった。更に、自転車、バイク、乗用車の駐車場となっており、利用可能な道幅はとても狭かったが、今は道路脇に歩道が造られた。

起点側を望む
起点側を望む

終点側

特別区道千第691号としては更に北まで続いているが、アキバ田代通りは練塀通りで終点である。

道路の特徴
名称の由来と変遷

2007(平成19)年6月20日発行の広報千代田で、区道の通称名に「アキバ田代通り」が追加されたことが明らかとされた。

「田代」は、同地区が俗に「神田代地(かんだだいち)」とも称されていたことにちなみ、これが略されて1872(明治5)年に「田代町」となり、1947(昭和22)年に神田田代町と改称された。

1964(昭和39)年に住居表示が実施された際に周辺の町の一部と合併し、現在の町名「外神田4丁目」となり、田代の名が消えてしまった。

これが通りの名として、再び復活したことになる。

沿道施設、観光地等
経由する自治体
東京都
千代田区
リンク
用語の所属
特別区道
関連する用語
秋葉原
中央通り (新橋〜上野)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic