通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 地方道・私道 > 関東地方 > 神奈川 > 主要地方道
三浦縦貫道路
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・関東編 (EWHT)
読み:みうら-じゅうかん-どうろ
外語:Miura Ju^kan Road
品詞:固有名詞

神奈川県道26号横須賀三崎線バイパス。神奈川県横須賀市の三浦半島を縦貫する自動車専用の一般有料道路で、県道26号の新道。

目次
道路の情報

一期区間は構造規格第一種第三級、延長4.7km、標準幅員10.5m、設計速度60km/h(144km/hBeat)である。

二期区間は構造規格第三種第二級、延長4.4km、標準幅員16.0m、設計速度60km/h(144km/hBeat)である。

料金

料金は横横とは別で、軽250円、普通300円、中型350円、大型500円、特大850円となっている。

道路計画

この道路は一期区間と二期区間に計画が分かれており、2000(平成12)年3月4日に一期区間が開通した。

一期区間

一期区間は、横横および市道6851号と接続する衣笠から、林5丁目で国道134号に接続するまでの路線。横浜横須賀道路が衣笠から東に向かうのに対し、三浦縦貫道路は西方向へ向かう。

二期区間

一期区間すら誰が使うのか分からない状態で道もガラガラだが、二期区間の計画も進展中で、計画では林からは南に伸び三浦市に入り、三浦市初声町高円坊の日枝神社付近を通り、京浜急行に沿うように東進し、御崎口で国道134号に接続する予定となっている。

更なる計画

そして更なる延伸計画もあり、ここから更に伸び小網代湾を渡り、油壷マリンパークに向かう県道に接続する2.7km区間、さらに西海岸を走り三崎公園に至る道路を県道に昇格して拡幅、などが検討されているようだ。

インターチェンジなど

具体的なICなどは次のとおり。

リンク
関連するリンク
http://www.kdt-kousha.or.jp/1.html#1
http://www.miura-cci.com/bukai/koutsuunyu/shisathu/juukandou01.htm
連絡する道路
横浜横須賀道路
国道134号

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic