通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 番号別分類 > 1桁・2桁(1〜58) > 40〜49
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 東北地方 > 岩手
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 東北地方 > 宮城
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 東北地方 > 三陸沿岸道路 > 三陸縦貫自動車道
三陸自動車道
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・東北編 (EWHH)
読み:さんりく-じどうしゃどう
外語:Sanriku Expressway
品詞:固有名詞

宮城県仙台市を起点に、三陸沿岸部を通り岩手県宮古市に至る自動車専用道路。略して「三陸道」。震災後は、復興道路「三陸沿岸道路」の一部に位置づけられた。

目次
道路階層構造
情報
起点・終点
設計諸元

規格は判明箇所のみで、区間によっては異なる規格が採用される可能性がある。

規制等
法定路線名

具体的には、次の14の国道バイパスと、一つの県道、さらに4つ程度の道路によって構成される予定。このようなことになったのは予算獲得のためである。

最初の仙塩道路のうち、起点・仙台港北ICから利府JCTまでは、高速自動車国道の常磐自動車道に並行する高規格一般国道である。

沿革
開通区間

路線中、2010(平成22)年3月22日現在で開通しているのは、次の区間である。

これら以外は、鋭意建設中または計画中、もしくは予算獲得のために関係者が奔走中である。

有料区間

現在は建設中で、道路が断片的であるため、有料区間と無料区間が存在する。

具体的には、起点・仙台港北ICから鳴瀬奥松島ICまでが自動車専用の一般有料道路、鳴瀬奥松島ICから先は全て無料の自動車専用道路で、高規格幹線道路となっている。

特徴

県道である仙台松島線のみ宮城県道路公社の管理で、国道部分は東日本高速道路株式会社の管理である。

接続する主な道路

地方道については、主として開通したICのみ記載。


高速道路、自動車専用道路

国道(一般道)

地方道
沿道施設、観光地等

()書きの観光地等については、現在建設中または計画中区間。

主な橋
主なトンネル
主な峠
並行する鉄道
経由する自治体
宮城県
仙台市 ‐ 多賀城市 ‐ 宮城郡利府町 ‐ 松島町 ‐ 東松島市 ‐ 石巻市 ‐ 登米市 ‐ 本吉郡南三陸町 ‐ 気仙沼市
岩手県
陸前高田市 ‐ 大船渡市 ‐ 釜石市 ‐ (上閉伊郡大槌町) ‐ 下閉伊郡山田町 ‐ 宮古市
インターチェンジなど

具体的なIC等は次のとおり。各道路の接続で、三陸縦貫自動車道に該当するものは略してある。

一般国道45号仙塩道路
宮城県道8号仙台松島線
一般国道45号仙台松島道路
一般国道45号矢本石巻道路
一般国道45号桃生登米道路
一般国道45号登米志津川道路

↓これ以降未供用

一般国道45号南三陸道路

全区間未供用

一般国道45号歌津本吉道路

全区間未供用

一般国道45号本吉気仙沼道路

全区間未供用

気仙沼道路

全区間未供用

一般国道45号唐桑道路

供用済みだが、ICは仮設である。

一般国道45号唐桑高田道路

全区間未供用

一般国道45号高田道路

↓ここから供用済み

一般国道45号大船渡三陸道路

↑供用済みここまで

↓これ以降未供用

一般国道45号吉浜道路
一般国道45号吉浜釜石道路
一般国道45号釜石山田道路

↓ここから供用済み

↑供用済みここまで

一般国道45号山田道路

↓ここから供用済み

↑供用済みここまで

一般国道45号三陸沿岸道路

全区間未供用

一般国道45号宮古道路

↓ここから供用済み

↑供用済みここまで

リンク
用語の所属
三陸縦貫自動車道
三陸沿岸道路
関連する用語
仙台東部道路
仙台北部道路

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic