通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 番号別分類 > 1桁・2桁(1〜58) > 1〜9 > 国道6号
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 地方別分類 > 東北地方 > 福島
常磐バイパス
辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・東北編 (EWLH)
読み:じょうばんバイパス
外語:Jo^ban bypass
品詞:固有名詞

福島県いわき市のJR常磐線沿線の市街地を避けるように作られた、国道6号のバイパス。

現在はこの道路の起点側約半分が国道6号の現道となっており、旧道は現在、福島県道20号に降格となっている。終点側約半分は今もバイパスの扱いである。

目次
道路の情報

構造規格は第三種第一級。車線数は4車線(幅員25.0m)で設計速度は80km/h(192km/hBeat)であるが、現在は多くの区間で暫定2車線(幅員13.0m)供用である。

しかしこの道路は全区間、地域高規格道路 いわき東道路の指定を受けており、かなりハイグレードな道路となっていて、平面交差もあるが延々と立体交差が続いている。道理で常磐道に車が走っていないわけである。

起点・終点
規制等
法定路線名
通称
建設計画

全部で6工区に分かれている。

  1. 勿来町四沢〜佐糠町碇田 (L=3,640m)
  2. 佐糠町碇田〜泉町下川 (L=6,020m)
  3. 泉町下川〜泉町滝尻 (L=1,310m)
  4. 泉町滝尻〜小名浜住吉 (L=3,660m)
  5. 小名浜住吉〜平下荒川 (L=7,110m)
  6. 平下荒川〜平下神谷 (L=5,960m)
沿革
道路の特徴
愛称など

愛称「いわきサンシャインロード」は1999(平成11)年末に公募によって命名された。

神谷ランプ橋梁のうち、Aランプ「神谷さざ波橋」は佐久間敬太(当時 平六小6年)による、Bランプ「天神ひばり橋」は青木一真(当時 草野小6年)による命名が採用された。

また(仮称)甲塚こ道橋の名称「夏井甲塚こ道橋」は、夏井小6年生らにより命名された。

接続する主な道路
並行する鉄道
沿道施設、観光地等
道の駅

道の駅はない。

主な橋
主なトンネル
主な峠

はない。

経由する自治体
福島県
いわき市
リンク
関連するリンク
http://www.thr.mlit.go.jp/iwaki/jigyo/joban/
道路の所属
国道6号
連絡する道路
小木津バイパス (国道6号)
久之浜バイパス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic