通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 地名 > 大洋州 > 日本国 > 領土紛争地域
地理 > 地名 > 大洋州 > 日本国 > 北海道 > 北海道 > 根室振興局(旧・根室支庁)
択捉島
辞書:国土用語の基礎知識 日本地理・北海道編 (EGJPD)
読み:えとろふ-とう
外語:Etorofu Island
品詞:その他地名

北方領土のうちの北方四島の一つで、国後島から更に沖合いに存在する島で、日本では本州の次に大きい島である。

目次
概要
自治体

北海道根室振興局管内に属し、島には3郡3村の自治体が存在する。

基本情報
通信
沿革
歴史

択捉島はアイヌの地であり、長く日本の領土であったが、旧ソ連が軍事占領し今に至っている。

当時は3村でおよそ3600人あまりの日本人が住んでいたが、侵略されて以降、日本人は全員追い出され、およそ8000人のロシア人に不法占拠されている。

地理
運輸

道路

道路はあるが、日本国として国道、北海道として北海道道などは設定していない。


道の駅

島内に道の駅はない。


鉄道

島内に鉄道はない。


飛行場

島内に飛行場はない。

周辺の島

この島の最寄りに、次のような島がある。

特徴

エトロフはアイヌ語で、エト・オロ・プ(eto/etu oro pu、岬のあるところ)が語源とされている。

現在、島を不法占拠しているロシアは、この島と、北東にある得撫島(うるっぷとう)と新知島(しむしるとう)を合わせてクリル地区と呼んで、クリル地区行政府を紗那村(ロシア名・クリリスク)に置いている。

リンク
関連するリンク
北方領土問題対策協会
用語の所属
日本国
北海道
北方領土
北方四島
根室振興局

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic