通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 番号別分類 > 1桁・2桁(1〜58) > 1〜9 > 国道1号
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 地方別分類 > 関東地方 > 神奈川
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 関東地方 > 首都圏環状道路 > 圏央道
新湘南バイパス
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・関東編 (EWHT)
読み:しん-しょうなん-バイパス
外語:Shin syo^nan bypass
品詞:固有名詞

国道1号の藤沢市城南〜中郡大磯町大磯の混雑を解消する目的で建設中の自動車専用の一般有料道路

現在は藤沢ICから茅ヶ崎海岸ICまでが開通している。

目次
情報
起点・終点
設計諸元
規制等
法定路線名
重複区間
建設計画

バイパス

国道1号のバイパスとして建設中である。

将来的には茅ヶ崎海岸ICのすぐ西にある相模川を国道134号と共に渡って平塚市に入り、平塚IC(仮称)で国道134号、大磯IC(仮称)で国道134号と国道1号西湘バイパスへ接続され、藤沢バイパスと西湘バイパスを結ぶバイパスとなる予定である。

なお、起点(および将来の横浜湘南道路終点)の藤沢ICから、茅ヶ崎JCTまでは、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の一部に指定され、国道468号との重複区間となっている。


工期

I期区間は1988(昭和63)年3月に供用された。

II期区間のうち、茅ヶ崎西IC〜茅ヶ崎海岸IC区間(1.8kmランプ部含む)は1995(平成7)年12月に供用された。

残るは、II期区間のうち、茅ヶ崎海岸IC〜大磯IC(仮称)終点までの区間である。

沿革
通行料金

2010(平成22)年6月28日から2011(平成23)年6月20日00:00(19日@666)まで無料化社会実験が実施された。

全区間現行料金(藤沢IC〜茅ヶ崎海岸IC)は次のとおり。

割高感があるが、新湘南バイパスII期として茅ヶ崎〜大磯への延伸後は、更なる値上げが予定されている。

なお、料金の徴収期限は現時点では2020(令和2)年3月29日となっている。

管理

中日本高速道路株式会社が管理している。かつては日本道路公団(JH)東京第一管理局が管理していた。

状況
ゴルフ場

茅ヶ崎海岸ICから先の延伸は2008(平成20)年度完成目標だったが、完成していない。

延伸において最大の問題はゴルフ場の存在である。ゴルフコースの移転先となる代替地を提供する必要があるが、これが解決していない。

このゴルフ場に隣接する、相模川沿いにある相模川河畔スポーツ公園を代替地とするため、この公園を産業道路を挟んだ反対側の柳島向河原地区に移設することとなった。新公園は2014(平成26)年度利用開始の計画とされる。

橋梁

相模川に架かる橋梁は、国道134号線の湘南大橋のすぐ上流側に設置される計画である。

橋は国道134号線と一体となった二層の橋梁となる予定で、上層部が新湘南バイパス、下層部が国道134号線(上り線)になる。そして既存の往復2車線の湘南大橋(現在の国道134号線)は下り専用道路となる。

こうして新湘南バイパス4車線に加え国道134号線の4車線拡幅で計8車線で相模川を渡り、渋滞の大幅な改善が見込まれている。

特徴
接続する主な道路
沿道施設、観光地等

特になし。

主な橋
主なトンネル

トンネルはない。

主な峠

はない。

並行する鉄道

特になし。

経由する自治体
神奈川県
藤沢市 ‐ 茅ヶ崎市 ‐ 平塚市 ‐ 中郡大磯町
インターチェンジなど

具体的なIC等は次のとおり。IC番号は未定。

リンク
関連するリンク
http://www.ktr.mlit.go.jp/yokohama/service_inf/business/e_02-01-01.htm
用語の所属
国道1号
首都圏中央連絡自動車道
関連する用語
横浜湘南道路
中原街道 (現道)
さがみ縦貫道路
国道134号
西湘バイパス
藤沢バイパス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic