通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 地方道・私道 > 関東地方 > 神奈川 > 横浜市 > 環状・放射 > 放射
横浜藤沢線
辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・関東神奈川編 (EWLTK)
読み:よこはま-ふじさわ-せん
外語:Yokohama Fujisawa Line
品詞:固有名詞

横浜市と藤沢市を結ぶ幹線街路の一つで、鋭意建設中。横浜市内では、横浜国際港都建設道路事業のうち、3環状10放射の幹線道路における放射線の一つである。

目次
概要
起点・終点
設計諸元
規制等
法定路線名

この道路は建設中区間が多く、明確な区間が定かではない。

従って、以下は一つの予測である。

重複区間
状況
起点〜JR根岸線

起点から環状4号線と接続する田谷交差点までは断片的に現道があるが、まだまだ先は長そうである。

起点から舞岡上郷線に接続する天谷大橋際交差点までは現道がある。

ここから先は建設中で現道がないが、「上永谷地区・上永谷舞岡地区」として、舞岡上郷線(港南区丸山台四丁目)から戸塚区舞岡町までの1.9kmが事業中。

その後、環状3号線と立体交差し、JR根岸線の手前200mほどの所までは現道が存在し、これが横浜藤沢線になるものと思われる。

JR根岸線〜田谷交差点

JR根岸線を渡った先は詳細不明だが、同じ角度に現道があるので、これが利用されると思われる。

桂町西側交差点で90°角度を変え、笠間交差点で環状4号線に接続してから暫く重複し、JRと柏尾側を渡って、田谷交差点で再び分離する経路が考えられるが、定かではない。

田谷交差点〜終点

田谷交差点から終点までは神奈川県道312号田谷藤沢線として供用されている。

うち、栄区長尾台町から戸塚区小雀町(鎌倉市境)までの約1.4kmは「田谷・小雀地区」として事業中。

終点付近は高架になっていて、川名交差点から先にも高架で延伸可能な設計になっている。江ノ島の方まで延伸する計画があるものと思われる。

特徴
接続する主な道路
沿道施設、観光地等
道の駅

道の駅はない。

主な橋
主なトンネル

トンネルはない。

主な峠

はない。

並行する鉄道

特になし。

経由する自治体
神奈川県
横浜市 ‐ 鎌倉市 ‐ 藤沢市
リンク
関連するリンク
http://www.city.yokohama.lg.jp/doro/plan/policy/kansen/hosha01.html
用語の所属
横浜市
横浜国際港都建設道路事業
関連する用語
神奈川県道312号田谷藤沢線

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic