通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 地方道・私道 > 関東地方 > 神奈川 > 横浜市 > 環状・放射 > 環状
環状2号線 (横浜市)
辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・関東神奈川編 (EWLTK)
読み:かんじょう-にごうせん
外語:Kanjonigo
品詞:固有名詞

横浜市の環状道路の一つ。横浜国際港都建設道路事業のうちの環状線として建設された幹線道路で、地域高規格道路である。

神奈川県横浜市の8区(鶴見、港北、神奈川、保土ヶ谷、旭、戸塚、港南、磯子)を跨がる道路で、横浜駅‐新横浜駅‐東戸塚駅‐磯子駅のエリアを結ぶ。

目次
概要
起点・終点
設計諸元
規制等
法定路線名

全区間が横浜市道17号である。

重複区間
沿革
状況
速度

高速道路さながらの高規格な道路で、混雑が無ければ実勢速度も高速道路同様である。

一般部でも交差点は立体交差が多く、快適な流れを妨げない素晴らしい道路である。

ただ上永谷付近は広いが路上駐車も多く混雑しやすい。

起点の周辺

国道16号と接続する神奈川県磯子区森3丁目の屏風ヶ浦交差点が起点である。

起点:屏風ヶ浦交差点
起点:屏風ヶ浦交差点

道路は、屏風浦駅前を通り、磯子工高入口交差点で湾岸線に向かう支線の環状2号線屏風ヶ浦バイパスと接続する。

環状2号線屏風ヶ浦バイパス

環状2号線屏風ヶ浦バイパスは支線扱いであり、2005(平成17)年春に開通した。

湾岸線に接続する、まだ建設中の屏風ヶ浦バイパス
湾岸線に接続する、まだ建設中の屏風ヶ浦バイパス

途中の景観

横浜では、環状と放射の道路建設が行なわれており、環状2号でも鋭意建設中の立派な放射道路を観ることができる。

環2境木交差点 左右が環2、前後が権太坂和泉線
環2境木交差点 左右が環2、前後が権太坂和泉線

特徴
接続する主な道路
沿道施設、観光地等
道の駅

道の駅はない。

主な橋

橋や立体交差が多数ある。

主なトンネル
主な峠

はない。

並行する鉄道
経由する自治体
神奈川県
横浜市
リンク
関連するリンク
環状2号線
関連する用語
環状2号線屏風ヶ浦バイパス
横浜市

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic