通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 地方別分類 > 関東地方 > 埼玉
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 地方別分類 > 関東地方 > 千葉
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 地方別分類 > 関東地方 > 東京
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 地方別分類 > 関東地方 > 神奈川
国道16号
辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・関東編 (EWLT)
読み:こくどう-じゅうろくごう
外語:R16: Route 16
品詞:固有名詞

神奈川県横浜市から、東京都、埼玉県、千葉県を経由し、神奈川県横須賀市を経て再び神奈川県横浜市に戻る一般国道。このため「東京環状」と呼ばれる。

目次
道路の情報
起点・終点

ただし千葉県富津市〜神奈川県横須賀市は海上区間であり、この区間を通行することはできずフェリー等も存在しないので、実質は横須賀〜富津。

設計諸元
規制等
法定路線名
指定区間

ほぼ全区間が指定区間である。

唯一指定区間ではないのは、次の区間のみである。

つまり、東京湾浦賀水道を渡る、通称「東京湾口道路」予定区間以外の全区間が指定区間である。

通称
バイパス

(\)マーク付きは有料道路。それ以外は無料。

(現)マーク付きは現道。

重複区間
道路の状況
混雑等

八王子市〜瑞穂町(?)、木更津市〜富津市、横須賀市内は2(一部3)車線、他は概ね4車線以上と比較的広いが、深夜以外は混雑していることが多い。他の多くの国道と異なり、昔の街道ではないため、当初は狭い道なども多かった。

横浜都心部や横須賀方面など広いところで実勢速度は50km/h(120km/hBeat)前後、その他狭いところで20km/h(48km/hBeat)〜40km/h(96km/hBeat)程度となっている。

田浦

神奈川県横須賀市内では、JR田浦駅周辺で上下線が分離し、多数のトンネルで結ばれている。

大昔には、もちろんトンネルは存在しない。かつての明治国道45号では、十三峠を越える峠道だった。

路線の指定等

古代

現在の国道の制度が出来た1952(昭和27)年12月4日当初は、横浜〜横須賀の区間のみが国道16号だった。

1963(昭和38)年4月1日に国道129号(横浜〜千葉)、国道127号(館山〜千葉)の一部区間(木更津〜千葉)を吸収し、現在の形となった。


千葉駅付近

かつて、千葉駅の南を経由する道路が国道16号で、京葉道路付近を通るのは国道16号バイパス、千葉バイパスであった。

2003(平成15)年6月4日に、このバイパスが国道16号の現道となり、周辺の道路は路線番号が変更になった。

これに伴い元の区間は旧道となり、穴川IC付近〜穴川歩道橋〜東千葉〜広小路交差点までは国道126号、広小路交差点〜千葉駅〜登戸交差点の国道14号との重複区間は国道14号の単独区間、登戸交差点〜中央区村田町 五十谷橋は国道357号へと、それぞれ変更された。

かつて、この広小路交差点は、日本でも数少ない「4方向で全て異なる国道が出ている交差点」であったが、現在では国道14号の終点と国道51号の起点ではあるものの、その意味での珍しさはなくなってしまった。

このため広小路交差点は、日本でも数少ない「4方向で全て異なる国道が出ている交差点」では、なくなってしまった。名実共にただの交差点になったのである(この時点で日本唯一となったのが梅田新道交差点)。


その他

かつては道幅が狭く、線形もかなり悪かった。このような拡幅が困難な地域については、別経路でバイパスを造る作業が続いた。結果、多くのバイパスが造られた国道の一つとなっている。

バイパスが現道となると、基本的には元の区間は旧道となり、他の国道や県道、市道等に降格となる。しかし春日部〜柏の旧道にもなると、かつての区間が国道だったとは全く思えない道の連続となり、一部区間に至っては降格どころか通行止になっている箇所もある。

例えば、東名高速道路横浜町田IC周辺を考えると、かつては、神奈川県横浜市の上川井ICから、国道16号現道直進方向、国道246号の目黒交差点を経由し、神奈川県大和市下鶴間までの区間が国道16号八王子街道だった。

後に大和バイパスなどが作られ、ICが作られ、そしてこのバイパスが現道となって以降、元の区間のうち、上川井IC〜目黒交差点が市道五貫目第78号線(市道八王子街道)、目黒交差点〜下鶴間までが神奈川県道56号目黒町町田線の一部となっている。

道路の特徴

以下は、原則として「一般道の国道16号」について述べる。

自動車専用道路の国道16号については、各道路の項を参照のこと。

接続する主な道路

高速道路、自専道

国道(一般道)

以下は接続順。交差点名不明なものは周辺地名、公知のものは県名略の市名併記。


地方道

神奈川県

横須賀市

横浜市

大和市

相模原市

東京都

町田市

八王子市

昭島市

福生市

西多摩郡瑞穂町

埼玉県

入間市

狭山市

川越市

さいたま市

上尾市

さいたま市

春日部市

千葉県

野田市

柏市

白井市

船橋市

八千代市

千葉市

市原市

袖ヶ浦市

木更津市

君津市

富津市
旧道

旧道は多数あると考えられるが、判明しているもののみ。

バイパス開通と、現道の旧道化に伴い、二三度区間が変更しているものもあるが、(これを著している時点で)最新のもののみを記載する。

沿道施設、観光地等
道の駅

周辺の道の駅
主な橋

県境の川については、原則として起点に近い側に収載する(一部例外あり)。


神奈川県

東京都

埼玉県

千葉県
主なトンネル
主な峠

はない。

並行する鉄道
経由する自治体

実質的な起点である横須賀市から、実質的な終点である富津市までの順で記載している。

神奈川県
横須賀市 ‐ 横浜市
東京都
町田市
神奈川県
大和市 ‐ 相模原市
東京都
八王子市 ‐ 昭島市 ‐ 福生市 ‐ 羽村市 ‐ 西多摩郡瑞穂町
埼玉県
入間市 ‐ 狭山市 ‐ 川越市 ‐ さいたま市 ‐ 上尾市 ‐ 春日部市
千葉県
野田市 ‐ 柏市 ‐ 白井市 ‐ 船橋市 ‐ 八千代市 ‐ 千葉市 ‐ 市原市 ‐ 袖ヶ浦市 ‐ 木更津市 ‐ 君津市 ‐ 富津市
リンク
用語の所属
一般国道
16

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic