通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 関東地方 > 神奈川 > IC・JCT
狩場IC
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・関東編 (EWHT)
読み:かりば-インターチェンジ
外語:Kariba IC
品詞:その他地名

神奈川県横浜市保土ヶ谷区狩場町にある、横浜横須賀道路のインターチェンジ

目次
ICの情報
位置情報
属する道路
接続する道路
料金所

このICに料金所はない。

施設の特徴

このICは、まったくもって人間工学を無視した作りをしており、初めて使う人は必ず混乱、知っていても命がけで利用することになるICである。

横浜新道側(保土ヶ谷バイパス側)から利用する

横浜新道側(保土ヶ谷バイパス側)から利用する場合、ICに差しかかる手前で左に分岐すると国道1号に下りることができる。そのまま直進し、分岐を左に行けば狩場線(K3)、右に行けば横浜横須賀道路である。

国道1号現道から利用する

一般道の国道1号から利用する場合、狩場インター交差点から入り、ランプウェイの分岐を右に行けば横浜新道や保土ヶ谷バイパス、左に行けば横浜横須賀道路である。なお、ここから首都高速道路に乗ることはできない。

首都高速側から利用する

首都高速道路側から利用する場合、直進すれば横浜新道や保土ヶ谷バイパス、左に分岐すれば横浜横須賀道路である。

但し、横浜新道へ向かう場合、横浜横須賀道路からの合流後、最右車線から最左車線まで "速やかに" 車線変更をしなければならない。合流から新保土ヶ谷ICの横浜新道への分岐までは1km程度しかないので、この間にキメなければ、そのまま保土ヶ谷バイパスで町田方面へサヨウナラとなってしまう。くれぐれも事故らないよう注意されたい。健闘を祈る。

この新保土ヶ谷ICの分岐のうち最初に左に曲がるランプは戸塚・小田原方面、その先のランプは東京方面である。

横浜横須賀道路側から利用する

横浜横須賀道路側から利用する場合、直進方向が横浜新道や保土ヶ谷バイパスである。左から分岐し、さらにその先の分岐を右に行けば首都高速道路、左に行けば一般道の国道1号である。

前後の施設

狩場IC ‐ 別所IC ‐ 日野IC ‐ 港南台IC ‐ 釜利谷JCT ‐ 朝比奈IC ‐ 逗子IC ‐ 横須賀IC

リンク
接続する道路
横浜新道
横浜横須賀道路
高速神奈川3号狩場線
国道1号
国道16号
関連する道路
保土ヶ谷バイパス
関連する地名
神奈川県
横浜市
新保土ヶ谷IC
関連する用語
首都高速道路
インターチェンジ
ランプウェイ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic