通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 設備 > 案内
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 道路設備 > 道路元標
距離標
辞書:国土用語の基礎知識 道路編 (EROAD)
読み:きょりひょう
品詞:名詞

鉄道道路で、起点からの距離を示す標識のこと。キロポスト。

目次
概要

現在の日本は距離をメートルで表わす。更に、鉄道や道路など長距離に渡るものはキロメートル単位で表わすことが多い。

距離標も、実際にキロメートル単位で表示されており、ここから「キロポスト」と呼ばれるようになった。

特徴
鉄道

駅のホームなどでも、一定距離ごとに数字の書かれたプレートが貼り付けられていることがあるが、これが距離標であり起点からの距離となる。

「起点」には「0キロポスト」と呼ばれる起点を表わす距離標が置かれるが、凝った意匠のものが置かれる例が多いようである。

例えば東京駅の場合、1番線(中央線高架ホーム)には、煉瓦の土台に石製の0を乗せた、特徴的な距離標が置かれている。但し、線区の整理の都合から、現在では中央線の起点は神田駅であり、東京駅ではなくなっている。

東京駅の場合、他に2番線(中央線高架ホーム)、3番線(京浜東北線)、4・5番線間(山手線)、6・7番線間(京浜東北線、東海道本線)、地下ホームにも存在することが確認されている。8・9番線(東海道本線)と10番線には存在しないようである。

道路

日本の道路では、高速道路、主要な国道に設置されている。


高速道路

高速道路では100メートルおきに設置されており、万一事故や車両故障等があった場合は、JAFなどロードサービスに距離標に書かれた距離を伝えることになる。

バイパスの開通、途中箇所が事前に開通したが起点部分が経路変更して供用開始、などが起こると、原則として距離標も現状に即した物に交換される。但し、管理が届いていない旧道や、廃道などは、交換されることなく放置される例が多いようである。


一般道

一般道の場合、古くは「道路元標」と呼ばれるものが各自治体に設置され、これが鉄道の0キロポストに相当するものとされた。

現在では法的な設置義務はないが、観光その他の目的で、意匠を凝らした道路元標を設置する例が多い。

都道の場合、起点の交差点に建てられていることが多い。都道の0キロポストは真っ青な三角柱で、非常に目立つ。

リンク
用語の所属
KP
関連する用語
道路元標
マイルストーン
キロ程

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic