通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 関東地方 > SA・PA
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 高速自動車国道 > 東北縦貫自動車道 > 弘前線 > SA・PA
那須高原サービスエリア
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・東北道編 (EWHMHJ)
読み:なすこうげん-サービスエリア
外語:Nasuko^gen service area
品詞:その他地名

栃木県那須郡那須町に作られた、東北自動車道サービスエリアの一つ。

起点・川口より9番目の休憩施設であり、4番目のサービスエリアである。

目次
概要
基本情報

所在地

所属路線名

沿革
施設情報

上り

設備

施設

下り

下り線は、ドラマチックエリア那須高原としてリニューアルされた。レストランとフードコートが先行オープンし、2011(平成23)年12月21日のグランドオープンで那須で人気の「那須高原チーズガーデン」などチーズケーキや自家製パンなどが充実したショッピングゾーンが開店。


設備

施設
特徴

那須塩原市は生乳産出額が、自治体として本州一位、全国では4位(但し1位〜3位は北海道)である。

このため、乳製品が多く取り扱われている。

牛乳そのものの他、プリン、チーズケーキ、パンなど、様々なものが売店で扱われている。

この他、「那須和牛」なども扱われている。

スマートIC

スマートICがある。

スマートIC社会実験が行なわれ、その後本格運用が開始された。

社会実験では、2005(平成17)年4月22日〜2005(平成17)年9月25日の間、下りSAにETC専用の出口が運用された。

その後、上りSAにもETC専用入口が設置され、2006(平成18)年2月24日より下り出口、上り入口が運用され、そのまま2007(平成19)年4月1日に本格供用が開始された。また、2010(平成22)年12月18日には上下双方に出入口が完成し、フルIC化された。

名称は「那須高原スマートIC」で、IC番号は13-1である。

接続した道路は次のとおり(上下とも)。

前後の施設

(西)(12)西那須野塩原IC ‐ (12-1)黒磯板室IC/黒磯PA ‐ (13)那須IC ‐ (13-1)那須高原SA ‐ (14)白河IC ‐ (14-1)白河中央スマートIC阿武隈PA(東)

隣接するSA/PA

上り

下り
リンク
関連するリンク
那須高原SA 上り線
那須高原SA 下り線
用語の所属
サービスエリア
関連する用語
東北自動車道
東北縦貫自動車道弘前線 (高速道)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic