通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 酷道 > 蔑称
険道
辞書:国土用語の基礎知識 道路編 (EROAD)
読み:けんどう
品詞:名詞

車や人が通れるように整備して設けた道とは言い難い県道、酷い県道の蔑称。驚路の一種。

目次
語の由来

語の由来は「しい県」から。

また、酷い国道を酷道と言い、そのような道路全般を驚路と呼ぶ。

道路の状況

それまで2車線あった道路が、突如幅員1メートル少々になる等は、朝飯前である。

2車線+α→狭路
2車線+α→狭路

離合不可能
離合不可能

中には、かつて道があったが現在は崖崩れ等で崩壊し、物理的に走行不可能な険道もある。

リンク
用語の所属
変な道路
驚路
県道
道路
関連する用語
酷道

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic