通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 関東地方 > 首都高速 > 神奈川
高速神奈川6号川崎線
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・都市高速道路編 (EWHX)
読み:こうそく-かながわろくごう-かわさきせん
外語:Route K6 Kawasaki Line
品詞:固有名詞

首都高速道路のうち首都高速神奈川線の一路線。

目次
概要

路線番号(K6)。ルートマークの表示は「川崎線K6」。

起点・終点
設計諸元
規制等
法定路線名

国道409号川崎縦貫道路自専部として作られている。

建設計画

この道路は「川崎縦貫道路」の第I期の自専部として作られている。こうして殿町〜川崎浮島JCTまでが2002(平成14)年4月30日に、大師JCT〜殿町が2010(平成22)年10月20日に開通した。

計画では更に延伸予定で、第I期はまず国道15号に接続、以降は川崎市内の各拠点を連結する道路となる予定で、大師JCT〜富士見出入口までが工事中である。

しかし予算等の都合から、最終的に計画がどこまで実現するかは不明である。

沿革
通行料金

首都高速道路の料金区間であり、距離によって料金が変動する。

距離制が導入される以前は、首都高速神奈川線の料金区間に属していた。

幾つかの箇所で「特定区間割」が存在したが、これも距離制が導入されたことに伴い廃止(つまり値上げ)された。

状況
一体化

終点の川崎浮島JCTは、直進2車線が東京湾アクアライン行き、1車線分岐が湾岸線(B)行きになっており、これら道路と一体をなす道路として建設される。

湾岸線(B)へのランプは元から2車線にする予定のない幅員で作られていることから、将来的に区間が延長され交通量が増大すると湾岸線(B)へのランプが大混雑することになると思われる。

この道路は東京湾アクアラインへの客寄せも目的の一つと考えられるが、東京湾アクアライン自体の需要が高まりを見せない現状では、直進の交通量が増えるとは考えにくい。

構造

構造は、以下の通りが計画されている。

特徴
接続する主な道路
沿道施設、観光地等

特になし。

PA

PAはない。

主な橋

(未確認)

主なトンネル

トンネルはない。

主な峠

はない。

併走する鉄道
経由する自治体
神奈川県
川崎市
インターチェンジなど

具体的なIC等は次のとおり。なおJCTには番号がない。

リンク
関連するリンク
路線案内(神奈川線)
用語の所属
首都高速道路
首都高速神奈川線
川崎縦貫道路
K6
関連する用語
川崎市道高速縦貫線
国道409号

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic