通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 関東地方 > 神奈川 > 計画・構想路線
川崎縦貫道路
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・都市高速道路編 (EWHX)
読み:かわさきじゅうかんどうろ
外語:Trans-Kawasaki Route
品詞:固有名詞

一般国道409号川崎縦貫道路。川崎市内と湾岸道路を接続する計画路線。最終的には高速湾岸線稲城大橋有料道路を結ぶ計画である。

自専部(自動車専用部)と一般部で構成され、自専部は高速神奈川6号川崎線(K6)(高速川崎縦貫線)で、首都高速道路株式会社(かつての首都高速道路公団)と国土交通省、一般部は国土交通省主体で建設している。

目次
道路計画

構想としては、高速湾岸線(B)から、高速神奈川1号横羽線(K1)、第三京浜東名高速道路と接続し、稲城大橋有料道路に接続する計画である。

湾岸〜三京〜東名〜稲城大橋〜中央が完成すれば外環道の東名〜湾岸の代替として利用できるため、外環道の東名〜湾岸は建設されない可能性がある。

第I期

国道15号〜浮島までの約8.4kmの事業である。

1990(平成2)年に都市計画決定、現在は鋭意建設中である。自専部は首都高速道路公団(現在の首都高速道路株式会社)と共に建設し、2002(平成14)年4月に高速神奈川6号川崎線(K6)の浮島JCT〜殿町間を供用した。

第II期

国道15号〜東名高速道路までの約14kmの事業である。

現在は都市計画に向けた調査中であるとされている。

その後

東名高速道路〜稲城大橋有料道路までの区間が計画されており、稲城大橋有料道路を経由して中央自動車道へ接続される。

道路の情報
自専部

構造規格は第二種第一級で、設計速度は80km/h(192km/hBeat)。法定路線名は「川崎市道高速縦貫線」。

一般国道15号と接続する神奈川県川崎市川崎区富士見1丁目から、高速湾岸線(B)と接続する川崎浮島JCTまでが高速神奈川6号川崎線(K6)として供用中である。なお川崎浮島JCTから東は東京湾アクアライン(国道409号)である。

一般部

構造規格は第四種第一級で、設計速度は60km/h(144km/hBeat)である。計画幅員は25〜60mで、車線数は往復4車線。

一般部の一般国道409号川崎縦貫道路は、国道246号と接続する溝の口交差点から、第三京浜、国道1号、国道15号などと接続し、浮島ICに至る。

リンク
関連するリンク
川崎国道事務所
一般国道409号 川崎縦貫道路
高速川崎縦貫線 工事・交通規制情報のご案内
道路の所属
国道409号
川崎市道高速縦貫線
該当する用語
高速神奈川6号川崎線
連絡する道路
国道1号
国道15号
国道246号
高速湾岸線
東京湾アクアライン
連絡する予定の道路
高速神奈川1号横羽線
第三京浜
東名高速道路
稲城大橋有料道路
関連する用語
首都高速道路株式会社
首都高速道路公団
自動車専用部
一般部
第二種第一級
関連する地理
神奈川県

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic