通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
運輸 > > 機構 > エンジン制御
ECU
辞書:国土用語の基礎知識 車編 (ECCAR)
読み:イースィーユー
外語:ECU: Electronic Control Unit
品詞:名詞

電子制御ユニット。乗用車の様々な箇所を制御するためのマイクロコンピューターのこと。ECM(電子制御モジュール)ともいう。

目次
概要

自動車にECUが搭載され自動制御が始まったのは1970年代である。

当初は数個だったECUも、車が多機能化するに従い制御の内容も高度化し、さらに制御するべき箇所も増えたため、今では一台の乗用車に50ないし60個のECU、車種によっては100個を超えるECUが搭載されるようになっている。

特徴
趣旨

ECUとは要するにマイクロコンピューターで、より具体的にはプログラムやデータを保存するためのフラッシュメモリーSRAM等のメモリーが集積されたSoCであるが、家電等で使われるものと比較して、耐久性が求められている。-10〜85℃程度、場合によってはさらに過酷な温度での動作が求められ、しかもこれは、車の耐用年数の限り動き続けることが求められている。

ECUが使われ始めた頃のクロック周波数は数MHz程度だったが、この速度も徐々に向上、現在の主流は100から200MHz程度とされる。パーソナルコンピューター用CPUなどと比べれば速くはないが、耐久性を確保するためには、無茶な高速化は出来ないということである。

部位

近年の乗用車では、次のような分類がなされる。

車内LAN

ECUの数が膨大になったことから、個別の接続では対応しきれなくなり、現在ではLAN形式を取るようになっている。これを車内LANという。

一つの乗用車でも車内LANの種類は一つだけではなく、用途によって、通信速度、信頼性、コストなどから様々なものが使われている。

リンク
用語の所属
コンピューター
関連する用語
車内LAN
電子制御燃料噴射装置

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic