通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > 近畿運輸局管内 > 滋賀
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > 近畿運輸局管内 > 京都
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > 大手私鉄 > 京阪
石山坂本線
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道地理・近畿編 (RGEOK)
読み:いしやま-さかもと-せん
品詞:固有名詞

京阪電気鉄道の大津鉄道部が運営する軌道路線の一つ。京津線と合わせて大津線と総称される。

目次
概要
基本情報
起点・終点
区間
特徴
沿革
名称

おそらく、石山寺(いしやまでら)と坂本(さかもと)を結ぶので、石山坂本線(いしやまさかもとせん)なのだろう。

なぜか「石山坂・本線」(いしやまざか・ほんせん?)に見えてしまうが、別に本線やら支線やらがあるわけではない。今や支線にしか見えない京津線は、支線ではないのである。弁慶ぎなた読み等と呼ばれる誤読の一つである。

状況

琵琶湖沿いを走る軌道で、赤字路線である。

2両編成の車両で運行されている。かつては京津線との直通もあったが廃止、代わりに浜大津駅が石山坂本線/京津線で統合され、同一ホームで乗り換え可能となった。

大赤字につき改善についても半放置状態となっており、ついにスルッとKANSAIには対応しなかったが、どういうわけか全駅でPiTaPa(とICOCA)には対応した。自動改札機の無い駅では、ご丁寧にもカードリーダーが設置され対応している。入場は青色、出場はオレンジ色にタッチする。

大赤字

この路線は、JRの東海道本線と完全に競合しており、簡単には客足増加が見込めない状況である。

しかし大津鉄道部も、当然だが自然消滅を待つわけはないので、様々な経営努力やイベントで利用者増を目指している。

情報
接続する主な路線

以下、(ラチ内)はラチ内乗り継ぎ可能なことを示し、記述の無いものは全てラチ外乗り継ぎとなるものを示す。

主な橋
主なトンネル

トンネルは存在しないようだ。

主な峠

は存在しないようだ。

経由する自治体
滋賀県
大津市
イベント
ラッピング電車

電車に広告を描いたものをラッピング電車という。

良くも悪くも広告に過ぎないが、車両外装だけでなく、車内壁面などにも関連するイラストなどが掲載されるため、内容によっては集客も見込めるのだろう。

「機動戦士ガンダムAGE」や「まんが日本昔ばなし」、「きかんしゃトーマス号」のラッピング電車などが運行されている。

おでんde電車

趣旨

冬季には「おでんde電車」と称する、完全予約制のイベント列車が運行される。

「電車に揺られながら旨いおでん」という分かり易いイベントで、お酒も入るので、当然ながら味の分かる大人向け。1日1便限定で石山坂本線を走っている。

マスコットキャラとして、おでんを擬人化したキャラ「おでんでん」がいる。


運行期間

2012(平成24)年の年始は、1月7日2月18日まで。

月曜・火曜は運休だが、成人の日(1月9日月曜日)は運行される。

料理を用意する都合上、前日までの完全予約制で、定員は72名(36名×2両)、参加は2名以上、となっている。

大好評で、1月時点で最終日まで予約いっぱいとなっており、キャンセル待ち以外には乗れる見込みがない。次の冬を待つしかない。


条件

経路

当日は浜大津駅で17時45分から受け付け開始、18時25分に発車し、浜大津→坂本→浜大津→石山寺→浜大津という行程で、約1時間40分の小旅行である。

なお、電車内にトイレはない。途中、坂本駅と石山寺駅でトイレ休憩を挟む。


おでん

その名の通り、一人前の「おでん」と、おつまみ弁当、お酒(ビール、日本酒、チューハイなど)またはソフトドリンクが3本付く。

参加費は一人3,000円(税込)である。未成年も保護者同伴なら参加可能だが、子供料金の設定はない。

追加の飲み物は別料金(200円)で提供されるが、飲み物食べ物の持参は自由。

リンク
関連するリンク
えきから時刻表 石山坂本線
用語の所属
京阪電気鉄道
大津線

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic