通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 電圧
−12V
辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:マイナス-じゅうにボルト
外語:-12V
品詞:名詞

電源電圧の一つ。マイナス電源の一つである。交流の場合は公称電圧に±を付けて表現しないので、マイナス電源は通常は直流である。

目次
概要

グランド(GND)レベルに対して、12V電位が低い電源である。

なお、マイナスといっても、電流が逆流しているわけではない。

特徴

例えば、RS-232Cは±12Vで通信する例が多く、昔はこのためにマイナス電源の供給が必要なこともあった。今は+5Vから±12V程度を作るドライバーICがあるため、マイナス電源を外部に要求する例は殆どない。

スイッチング電源でも、−12Vを出力する製品は無いわけではないが、一般的でない。+5Vの1電源、または+5V/+12Vの2電源などが一般的だからである。

現在のパソコンでも、電源装置はマザーボードに対して供給しているが、実際には殆ど使われていない。現在の主流のEPS12V電源でも、24ピンあるうちの一つのピンから−12Vが供給されている。

リンク
用語の所属
電源電圧 (電子回路)
マイナス電源
12V
DC12V
関連する用語
+12V
−5V
ATX12V電源
EPS12V電源

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic