通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > 宇宙施設・装置 > 探査機 > 行先別分類 > 小惑星
はやぶさ2
辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:はやぶさ-トゥー
外語:Hayabusa2
品詞:固有名詞

日本の小惑星探査機の計画の一つ。はやぶさ(MUSES-C)の後継として計画された。

目次
情報
基本情報
その他仕様

仕様は僅かしか公開されていないが、初代はやぶさとは異なる仕様である。

沿革

以下は今後の予定

探査
探査目標

小惑星「Ryugu」(1999 JU3)の探査とサンプルリターン。

イオンエンジン

仕様は公開されていないが、新型のμ20エンジンの性能を宇宙で実証するという噂がある。

初代はやぶさ用エンジンμ10の改良型を使うともされ、実際にどうなるかは、現時点では定かではない。

意義・目的
プロジェクト
目的

機体本体は、1号機で故障した姿勢制御装置などに改良を施し、耐久性を向上させ、冗長性をより充実させるが、全体としてはほぼ同じ設計を採用する。

探査目標は小惑星「Ryugu」(1999 JU3)(直径約1km)で、1号機のイトカワと同様地球と火星の間にあるが、有機物が多いと見込まれている。

この小惑星に爆薬を詰めた衝突体を打ち込んで小さなクレーターを作り、内部試料を採取する計画である。衝突体は直径約20cm、重さ10kg程度の円筒形で、小惑星の上空数百メートルからゆっくりと投下、本体回避後に爆発させ、蓋が変形した金属塊を2km/s(1.7km/cBeat)から3km/s(2.6km/cBeat)の超高速で地表に衝突させ、直径2mから7mのクレーターを作る計画。

ミッション機器
公募

「星の王子さまに会いにいきませんか ミリオンキャンペーン2」として、「ターゲットマーカー」に掲載する名前、および「再突入カプセル」に掲載する名前とメッセージが公募された。

応募開始は2013(平成25)年4月10日12:00(@166)〜7月16日だった。

一人一回、名前は全角10文字または半角20文字、メッセージは全角30文字または半角60文字であった。

リンク
関連するリンク
http://b612.jspec.jaxa.jp/hayabusa2/
用語の所属
宇宙探査機
関連する用語
小惑星
はやぶさ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic