通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 動作・機能・技術 > レジスター・フラグ
アキュームレーター
辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:アキュームレーター
外語:accumulator
品詞:名詞

累算器、および累算用のレジスター。英発音に近い「アキューミュレーター」や、音引きを略して「アキュムレータ」とも書かれる。

目次
概要

古い設計のマイクロプロセッサーでは、演算結果を累積するためのレジスターは一つしか提供されないことが多く、このような目的で使う唯一のレジスターがアキュームレーターと呼ばれた。しかし現在においては、演算可能なレジスターが単一などというものはほぼ無く、ゆえにこの意味でのアキュームレーターは、古語ないし死語と言える。

アキュームレーター(accumulator)ということから、初期のプロセッサーではAレジスターなど、Aと名のついたレジスターとして提供されることが多かった。

特徴
レジスターの方式

レジスターの使われ方は、次の3種類がある。

近年はレジスターマシンが主流だが、初期には演算は単一のレジスターに制限されたアキュームレーターマシンが一般的だった。

アキュームレーターマシン

演算器(ALU)に対応付けられた演算レジスターが、単一のACC(アキュームレーター)レジスターであるような設計を、アキュームレーターマシンという。

古くは、演算はアキュームレーターと他のレジスターやメモリーとの間で行なわれており、演算結果は常にアキュームレーターに返されていた。

こういった設計では、値が返されるのがアキュームレーターと決まっているため、アセンブリ言語においてもアキュームレーターをいちいち記載しないものが多かった。

ADD reg

この場合、A ← A + reg という演算となり、暗黙のうちにアキュームレーターが使われた。

x86

現在のパーソナルコンピューター向けプロセッサーの標準であるx86は、8ビットマイクロプロセッサーだった8080の思想を受け継いでいるため、古式なアキュームレーターという概念が垣間見られる。

8080のAレジスターは、8086では16ビットのAXレジスター(32ビットではEAX、64ビットではRAX)となり、一部の演算命令ではソースまたはデスティネーションがAXやDXなどで固定されているものがあった。現在は命令が拡張されており、x86であってもたいていのレジスターで演算が可能になっている。

リンク
関連する用語
レジスター

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic