通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 有機物 > > 官能基・骨格 > アミノ基(アミン)
アニリン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:アニリン
外語:aniline
品詞:名詞

ベンゼン環にアミノ基(R-NH2)が付いたもの。ベンゼン誘導体の一つであり、芳香族アミンの一種である。劇物指定。

分子式C6H7N。分子量93.1。融点−6.2℃、沸点184℃。CAS番号62-53-3。

アニリン
アニリン

ベンゼン環の水素(H)が一つメチル基に置換したものはトルイジン(メチルアニリン)、二つ置換したものはキシリジン(ジメチルアニリン)という。他にも様々な誘導体がある。

リンク
用語の所属
芳香族アミン
劇物
関連する物質
キシリジン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic