通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 構造 > 接頭語
イソ
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質構造編 (NSUBYS)
読み:イソ
外語:iso-
品詞:造語用接頭語

炭化水素で、途中に枝分かれがあるものに付けられるIUPAC接頭語。

isoは「同じ」という意味であり、同じようなもの(しかし実際はどこかが違う)という意味で区別する場合にも用いられる。

目次
概要

例えばオクタンなら、C-C-C-C-C-C-C-Cと直鎖であるものが「オクタン」(あるいはノルマルオクタン)で、それ以外の、枝分かれがある異性体は全て「イソオクタン」である。

但し、イソは別の化合物の性質を持ってしまうため、実際には違う名前がつけられることが多い。

特徴

IUPACの命名基準では、まず一番長い直鎖を考え、その炭素に対して末端から番号を振って、枝分かれした番号と個数から名前を決める。

例えばC-C(-C)2-C-C(-C)-Cの場合を考えると、C-C-C-C-Cが最長なのでペンタンであり、2番目、2番目、4番目で合計3個の枝分かれがあるのでトリ[tri-]が付き、更にそれぞれがCH3のメチル基になっているので、この分子は「2,2,4-トリメチルペンタン」となる。

因みに直鎖のオクタンはオクタン価0であるが、2,2,4-トリメチルペンタンはオクタン価100である。

リンク
関連する用語
異性体
炭化水素
イソオクタン
イソ吉草酸
イソマルトオリゴ糖
イソ酪酸
オクタン価
ノルマル

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic