通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電(電子回路) > 部品 > ダイオード
技術・工学 > 電気 > 弱電(電子回路) > 部品 > アナログ部品 > 真空管
カソード
辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:カソード
外語:cathode
品詞:名詞

電極のうち、外部へ電流が流れ出す側のこと。対をなす電極はアノードである。

目次
概要

「外部へ電流が流れ出す電極」とはつまり「外部から電子が流れ込む電極」ということである。

真空管ダイオード、電解槽(電気分解を行なう装置)などでは、陰極(-)側の端子がカソードである。

電池の場合は、正極(+)側の端子がカソードである。

特徴

真空管の場合はそのままカソードという名であり、アノードであるプレートと向き合って配置される。

電池や電解槽では、カソード側で還元反応が生じている。

リンク
関連する用語
ダイオード
カソード (真空管)
アノード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic